栗尾山満願寺

信濃高野ともよばれる真言宗の古刹栗尾山満願寺。信濃三十三観音霊場の第26番札所で、江戸時代には安曇・筑摩領民の総菩提所であったとされています。東海道中膝栗毛で知られる十返舎一九が、1814年8月に松本から栗尾道を通って満願寺へ向かったとされています。その時の様子が記載された1816年の続膝栗毛八編の発刊から、昨年200年を迎えました。

参道の入口には経文が書かれた屋根付きの微妙橋があります。三途の川を渡る微妙橋は極楽浄土の入口とされ、苔むした170段の石段を登りつめたところが本堂です。本堂の横には聖天堂があり、微妙橋や絵馬と共に市の文化財に指定されています。願いを満たす寺という縁起の良い名前から、2年参りの隠れた名所にもなっています。

本堂から少し下がったところに広大なつつじ園があり、約5,000株のツツジが咲いています。三途の川を渡った極楽浄土の象徴とされ、、静寂に包まれた参道と色鮮やかなツツジの対比がとても印象的な安曇野の隠れた名所です。

20150516_064455 20150516_064707 20150516_061210 20150516_062853 20150516_060233 20150516_064309

水鏡の安曇野

安曇野では水田に水が入り、田植えの準備がピークを迎えました。米どころ安曇野でも兼業農家が8割を超え、農家の多くが連休に家族で田植えを行うからです。水鏡となった田んぼには残雪の北アルプスが映りこみ、海に浮かぶ島々のような美しい風景となります。

風景投稿サイト「ビューポイントあづみの」には、美しい安曇野の水鏡の風景が多数投稿されています。地図データも登録されていますので、誰でも写真の撮影場所を知ることができます。「ビューポイントあづみの」を参考に、安曇野の水鏡の風景を探しに出かけてみませんか?

20150502_054903 20140504_060020 20150502_055753 20140508_060134 20140507_055559 20150502_055024

里山~雨引山

9年ぶりに松川村の雨引山(1371M)に登りました。雨引山という山名は五穀豊穣を願って雨乞いしたのが由来と言われ、山頂には大和田神社の奥宮が祭られています。登山口は馬羅尾高原の有明山登山口の手前で、案内板の横と奥の林道との分岐近くに駐車スペースがあります。

最初の30分程は樹林帯の急登が続き、その後西側の眺望を楽しみながら稜線上を進みます。山頂からの眺望はすばらしく、眼前に迫る北アルプスと安曇野が一望できます。登りは稜線コースで約1時間半、下りは林道沿いのコースを通って約1時間で、途中1ヶ所ロープがありますが登山道は良く整備されて危険な場所はありません。早朝だったので途中誰にも会いませんでしたが、帰りには車が3台ほど駐まっていました。まだあまり知られていないので、静かな山歩きが楽しめるおすすめの里山です。

http://w1.avis.ne.jp/~nakajima/mapchu/mamehikiyama2.html

20170503_071530_2 20170503_071914_2 20170503_072928_2 20170503_072853_2 20170503_081614_2 20170503_093534_2

段々畑の菜の花

2016年6月に開園した国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区の里山文化ゾーン。角蔵山の山麓に里山の田園風景が広がり、2011年に放映されたNHKのおひさまのロケ地にもなった場所です。大庄屋山口家を挟んで他の地区とは飛び地となっており、山口家側に岩原口、山麓線側に堀金口の2つの入口があります。

はじめて春シーズンを迎えた里山文化ゾーンでは、段々畑に植えられた約500万本の菜の花が満開になりました。山桜の一部もまだ咲いていて、桜と新緑と菜の花のコラボレーションが楽しめます。初年度の今年はまだ知られていませんが、数年後には人気スポットになるでしょう。

車を駐めるなら、混雑する中央口を避けて山麓線に近い堀金口がオススメです。また、飛び地の中間にある大庄屋山口家にも是非立寄ってください。松本藩主や登山家ウエストンも逗留した江戸時代の屋敷と庭園は、一見の価値がありますので。

http://www.azumino-koen.jp/

http://azuminolocation.com/location/yamaguchike

20170504_084149 20170504_084844 20170504_083526 20170504_083303 20170504_082939 20170504_082540

黒沢高原の水芭蕉

鹿島槍スキー場のある標高1130Mの黒沢高原。スキーシーズン以外はあまり訪れる人がいませんが、水芭蕉やレンゲツツジ等の群落もある四季折々に楽しめる高原です。特に水芭蕉が満開となる大型連休前後は、残雪の北アルプスが美しい最もオススメの季節。特にセントラルプラザから少し東に上がった黒沢ゲレンデの上部からは、ため息が出るような鹿島槍ヶ岳と爺ヶ岳の絶景が望めます。

安曇野からは、大町温泉郷を通る県道306号経由で約45分。渋滞も無くノーマルタイヤで雄大なアルペン景観が楽しめる穴場スポットです。


20170430_072733 20170430_072841 20170430_073030 20170430_073307 20170430_073836 20170430_072624

«5月の安曇野