安曇野水上散歩

名水百選にも選ばれている安曇野は湧水の宝庫。暑い夏はクリアボートによる水上散歩がオススメです。場所は大王わさび農場の水車小屋横を流れる蓼川。清らかな川の上から、水車小屋や柳並木、美しい水草等の安曇野の水の風景が楽しめます。船は船底が透明なクリアボートで、ガイドによる説明を受けながら、ボートを漕いだり、冷たい川に足を入れたり、水中眼鏡で川底を覗いたりすることもできます。

営業時間は4月下旬~10月下旬の10時~14時で、安曇野コース20分(大人1200円小人900円)。水上からは梅に似た可憐な花を咲かせるバイカモ(梅花藻)やハグロトンボ(羽黒蜻蛉)を見ることができます。週末はかなり混雑するので、朝一番に乗船後ゆっくりわさび農場を散策すると良いでしょう。

http://www.azuminokisen.com/

P1010003_2 P1010004 P1010010 P1010012

安曇野の延命水

烏川の須砂渡渓谷上流にある延命水。苔むした岩の隙間からいく筋もの清水が白糸のように流れ落ちる様は、まさに命の水に相応しい独特な水風景です。水が汲みやすいように組まれている竹は、最近新しいものに取り換えられました。 場所は蝶ヶ岳の三股登山口へ向かう林道沿い。数台分の駐車スペースと大きな看板が目印で、駐車スペースの脇からは烏川にも下りられます。

この辺りの烏川は大きな岩と清流が調和し、下流とは異なる風情の美しい渓流になっています。 近くには大水沢の滝もありますので、涼を求めて足を伸ばしてみませんか? 
20150801_164757 20150801_164216 20150801_170339 20150801_165232

穂高七夕祭り

旧保高宿の活性化を目的に昨年復活した穂高七夕祭り。穂高会館から旧保高宿へと続く旧千国街道沿いにランタンが灯され、北の枡形から若松屋にかけての歴史ある建造物がライトアップで彩られます。
ランタンとライトアップの点灯は18時~21時で、駐車場の穂高会館からランタンが道案内をしてくれます。広場ではかき氷や射的等の夜店も並びますので、カップルやファミリーで夜の散策を楽しんでみませんか?浴衣でお越しの方には、嬉しい特典もあります。
20150808_193547 20150808_191744 20150808_190924 13879397_1821534398080601_482572783
13873193_1819833241584050_5590579_2

安曇野花火

合併を機に2007年から始まった安曇野花火。今年は10回目となる節目の年で、8月14日夜に明科御法田遊水池で開催されます。夏の風物詩としてすっかり定着した安曇野花火は、2万人以上の来場者を集める県内屈指の花火大会となりました。

打上げ場所は安曇野で最も低い位置にある三川合流部。迫力ある花火を間近に見ることができるだけでなく、市内全域から観覧できるのも魅力です。今年も約12000発の花火が安曇野の夏の夜空を彩ります。

会場周辺は大変混雑しますので、臨時列車の運行もある篠ノ井線の明科駅から歩いて行くのをオススメです。車の場合は安曇野IC近くのセイコーエプソンまたは青木花見工業団地臨時駐車場からシャトルバスをご利用ください。

https://sites.google.com/site/azuminohanabi/

Hanabi2016

8月の安曇野

例年より1週間ほど遅い梅雨明け後、爽やかな晴天と猛暑が続く安曇野。11日には山の日を記念したイベントも多数予定されています。夏休みを利用して、登山や川遊びなどのアウトドアにで出かけてみませんか?

20160714_062640 20160717_165428 20160719_135002 20160717_160313

«安曇野わさび田湧水群