« 安曇野暮らしセミナー【東京】 | トップページ | 夏の安曇野体験会 »

安曇野の活断層

震度6弱を観測した6月18日の大阪北部地震では、有馬高槻断層帯が震源とみられています。長野県内には北部の信濃川断層帯、中部の糸魚川静岡構造線、南部の伊那谷断層帯等の活断層帯があり、今後30年以内に大地震が発生する可能性があるとされています。特に中央構造線沿いの飯田や諏訪湖周辺は危険度が高いとされ、東海地震防災対策強化地域にも指定されています。

安曇野の犀川・髙瀬川付近には糸魚川静岡構造線が南北に走っており、特に松本南部の午伏寺断層は、地震発生の危険度が高い活断層とされています。北アルプスの扇状地である犀川より西側の安曇野の平野部の地盤は安定しているされていますが、糸魚川静岡構造線より東側のフォッサマグナは地質的に脆いとされ、急傾斜地では土砂災害や建物の倒壊に対する注意が必要です。

地震ハザードカルテの2018年版によると、長野県中部の今後30年間に震度6弱以上の地震の確率は、、松本市31.1%、安曇野市28.4%、大町市14.3%となっています。活断層の最新の調査結果を考慮して多少上昇しましたが、それでも大都市(東京75.1%、横浜81.6%、名古屋46.2%、大阪55.7%)や県南部(諏訪市64.8%、飯田市43.2%)に比べるとそれほど高くはありません。

それでもいつ起こるかわからない地震に対しては、正しい知識と事前の備えが重要です。地震ハザードカルテや防災マップで、自分の住んでいる場所の危険性を確認するとともに、1981年(昭和56年)5月以前に建築確認を受けた旧耐震基準の建物については、耐震診断を受け必要に応じて耐震補強等の対策をしておくことをおすすめします。

地震ハザードマップ

地震ハザードカルテ

安曇野市防災マップ

Actflt01

« 安曇野暮らしセミナー【東京】 | トップページ | 夏の安曇野体験会 »