« 冬の安曇野体験会 | トップページ | 不動産セカンドオピニオン »

地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは、地方において地域外の人に地域活動を担ってもらいながら定住を促すことで、地域力の維持強化を図っていくことを目的とした制度です。総務省の事業として2009年度にスタートし、2017年度の隊員数は約1000の市町村で約4800名となっています。

隊員の身分は最長3年の任期付非常勤職員で、都会で培ったスキルを活かしたい移住希望者と地域コミュニティとの橋渡しをする仕組みです。したがって、その地域への強い想いとそこで活かせる専門スキルを持ち、任期満了後はその経験を活かして地域で自立することが求められています。

安曇野市では2016年度にはじめて採用し、現在4名の隊員が活躍しています。さらに2019年6月採用にて、地域コミュニティ、自然保育、クラフトビール事業を担当する隊員4名を募集中です。隊員の身分や行政の受入体制等、制度上の様々な課題も指摘されていますが、移住の1つのステップとして地域との縁づくりには有効な手段でもあります。上記事業に対応するスキルを持ち、将来安曇野への移住を考えている方は、制度の主旨を良く理解した上で検討してみてはいかがでしょうか。

« 冬の安曇野体験会 | トップページ | 不動産セカンドオピニオン »