« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

安曇野暮らしセミナー

安曇野暮らし支援協議会が主催して開催している大好評の「安曇野暮らしセミナー」。今年度2回目のセミナーは、10月26日(土)午後に東京有楽町のふるさと回帰支援センターで開催します。

安曇野への移住には、観光とは異なる暮らしの視点が欠かせません。地域コミュニティや不動産の選び方、移住者の体験談等、ネットの情報だけではわからないリアルな情報をお届けする人気のセミナーです。また、セミナー後には移住体験者や行政担当者による個別相談会もあります。私も不動産の選び方について話をしますしますので、是非お気軽にご参加ください。

参加費は無料ですが、定員30名の先着予約制となっています。詳しくは開催案内または安曇野暮らし支援協議会のサイトをご参照ください。

開催案内(pdf)

https://azumino-ijyu.jp/

20160625_130052

 

Side_bnr_12

 

 

2019年基準地価

国土交通省より7月1日現在の基準地価が発表されました。基準地価は都道府県が調査する毎年7月1日現在の地価で、国が調査する1月1日現在の公示地価と共に公共用地等の売買の基準となる地価です。長野県内の基準地価は、近年の地価下落でほぼ実勢価格に近い水準となっています。

長野県内は住宅地が△0.8%で23年連続、商業地は△1.0%と28年連続で下落しましたが、下落率はともに9年連続で縮小しました。住宅地では、安曇野市では3地点が上昇となり、松本市、塩尻市とともに平均変動率が3年連続で上昇する一方、大町市、松川村、池田町では下落が続き、都市部と周辺部で明暗が分かれています。また、商業地では松本市がバブル期以来となる28年ぶりに上昇に転じました。

000235531

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »