« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

安曇野市空家対策

2018年度の土地統計調査によると、安曇野市の別荘、賃貸用、売買用を除いた空き家率は7.4%です。また、2018年度の空家実態調査では1143戸が空家台帳に登録され、空き家対策が急務となっています。

それらを踏まえて、安曇野市では2017年度に空家等対策計画を策定し、2020年度に環境課に空家対策室を設置しました。そして、空き家の流通促進を目的に、空き家所有者を対象とした 「空家対策補助」と、空き家の利用者を対象とした「移住者空家リフォーム補助」「空き店舗家賃補助」事業を行っています。補助率は「空き家対策補助」と「移住者空家リフォーム補助」が1/3、「空き店舗家賃補助」は1/2で、各々上限が決まっています。

「空き家対策補助」事業はあくまでも空家活用のためのひとつの手段に過ぎません。補助金利用に主眼を置くのではなく、所有する空き家の課題と方向性について家族で共有することが重要です。また、「移住者空家リフォーム補助」の利用は、安曇野市空家バンクの利用が条件となっています。空き家には活用や利用には、不動産、建築、法律、税金等の様々な専門知識が必要です。ネットの情報に頼るだけでなく、まずは信頼できる専門家に相談することをおすすめします。

安曇野空き家相談

安曇野市空家対策

安曇野市空家バンク

23943 

Side_bnr_12

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »