« 2020年12月 | トップページ

安曇野市リフォーム補助

2018年度の土地統計調査によると、安曇野市の別荘、賃貸用、売買用を除いた空き家率は7.4%です。2018年度の空家実態調査による空家は1143戸で、その利活用を目的に安曇野市空家対策計画が策定されました。2020年度には専門部署として空家対策室を設置し、「空家リフォーム補助」等の空家対策補助事業をスタートしました。

移住者を対象とした「空家リフォーム補助」の補助率は1/3で、上限額は40万となっています。尚、補助金の利用には、当社も協力している安曇野市空家バンク の登録を含む細かな条件があります。詳しくは空家バンク協力業者等、信頼できる専門家に相談することをおすすめします。

安曇野市空家リフォーム補助(pdf)

安曇野空き家相談

23943 

Side_bnr_12

安曇野流不動産の選び方

不動産の選び方には順序があり、物件を選ぶのは一番最後というのが不動産選びの鉄則です。まずは安曇野での暮らしをイメージし、その暮らしにあった地域を選び、最後に物件を選ぶのです。物件の良し悪しだけでなく、“安曇野暮らし”の視点が欠かせないのです。

安曇野の特徴は自然と暮らしのバランスの良さ、そして地域コミュニティの集合体であることです。83の区(江戸時代の村)の風習を今でも引き継ぐ安曇野では、地域コミュニティの理解なしに住む場所を選ぶことはできません。地域コミュニティへの許容度によって、田園に住むか山麓に住むか、田園のどの地域に住むのか大きく分かれるのです。”安曇野暮らしの視点”を考慮した地域診断チャートを参考に、ライフスタイルに合った物件を選びましょう。



Howtochoose_img_01_2

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2020年12月 | トップページ