« 安曇野百選PJ | トップページ | 環境市民ネットワーク »

上高地&徳本峠

盆休みを利用して、小学生の娘と上高地から徳本峠(とくごうとうげ)に行って来ました。8月には珍しく雲ひとつ無い青空で、1日中穂高連峰がくっきり見えました。

徳本峠は標高2135Mで、島々から上高地へと至る登山史上重要なルート上に位置しています。峠からの眺望は近代登山の父ウォルター・ウェストンが絶賛したと言われ、明神岳から西穂高岳へと続く穂高連峰が一望できます。登山口は明神館の先で、黒沢沿いの樹林の中を登ります。登山道は良く整備されており、樹林の間から正面に明神岳を望むことができます。黒沢を離れてジグザグの急登を過ぎると徳本峠小屋で、小屋から南にちょっと上がったところが展望台となっています。小屋は現在建替工事のため、来年夏まで売店もトイレも利用できないのがちょっと残念でした・・・。

安曇野から上高地へは車とバスで約1時間半、上高地から登山口までは徒歩で約1時間です。登山口から徳本峠は上りは約2時間半、下りは約2時間です。朝早く安曇野を出れば、ファミリーでも十分日帰り可能です。

せっかく上高地に行っても、河童橋だけ見て帰る人が多いのがとても残念です。梓川沿いは高低差も少ないので、できれば大正池や明神池までゆっくり歩きたいですね。気軽に穂高連峰の展望を楽しみたいなら、徳本峠はおすすめです・・・。

詳しくは下記ページをご参照ください。

http://www.kamikochi.or.jp/index.php

Ca3c0001 Ca3c0003_2 Ca3c0005 Ca3c0006 Ca3c0007_2Ca3c0014_4 

« 安曇野百選PJ | トップページ | 環境市民ネットワーク »

1 北アルプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上高地&徳本峠:

« 安曇野百選PJ | トップページ | 環境市民ネットワーク »