« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

穂高神社御船祭

穂高神社の例大祭「御船祭」は、毎年9月26日に宵祭り、27日に本祭りが行なわれます。今年も大勢の観客が見守る中、船型の山車に穂高人形を飾った大人船2台と子ども船3台が、笛や太鼓の囃子に合わせて氏子衆によって境内に曳き入れられました。神事の後には大人船2台が神楽殿を3周して向き合い、拝殿前で激しくぶつかりあって祭りはクライマックスを迎えます。

 

御船は北九州に本拠があった海洋民族の安曇族が起源とされ、奥宮のある上高地の明神池でも毎年10月8日に御船神事が行なわれます。男腹と女腹には着物が何十枚も掛けられ、船上には毎年嗜好を凝らした穂高人形が飾られとても見事です。また、御船に掛けられた着物の持ち主は、一年間健康で過ごせると言い伝えられています。

 

今年は24日~25日に「安曇族サミット」が安曇野で開催され、北九州からも多くの関係者が来訪し御船祭に参加しました。 安曇野には多くのIターン者が移住していますが、そもそも祖先の安曇族が移住者であるというのはとても興味深いですね。尚、御船は穂高神社境内の御船会館でいつでも見学することができます。御船祭りを知らずして安曇野は語れませんので、穂高神社にお越しの際は是非立ち寄ってみてください。

 

http://www.hotakajinja.com/

 

Dsc_0029 Dsc_0033 Dsc_0037 Dsc_0044 Dsc_0056 Dsc_0068 Dsc_0090 Dsc_0091 Dsc_0095 Dsc_0096 Dsc_0101 Dsc_0102

Side_bnr_12

神様のカルテ~三柱神社

松本が舞台の映画「神様のカルテ」が公開中です。長野県在住の現役医師夏川草介のデビュー小説を映画化したもので、昨年の本屋大賞で2位に選ばれた作品です。主演は嵐の桜井翔で、相沢病院と信州大学病院をモデルに地方の医療現場の実態を軽やかなタッチで描いています。

ロケ地のほとんどは松本市内ですが、安曇野でも三郷総合支所西隣の三柱神社でロケが行なわれました。主人公夫婦がお参りする近くの神社という設定で、質素で厳かな雰囲気が映画を引立てています。三柱とは三神が祀られていることが由来で、元県の天然記念物で昭和9年の台風で倒れた御神木「ハリギリ」の切り株が今も残っています。

総合支所の南側には、林学博士の白沢保美を讃えて植えられたユリノキとヒマラヤスギの大木があります。また、道路の向側には、ユリノキの並木が美しい三郷文化公園があり、敷地内にはニュートンのリンゴの木も植えられています。

「神様のカルテ」は「岳」に続く松本シネマ認定第2号で、松本の見慣れた景色が数多く登場します。松本の旧市街の映画館が昨年閉鎖し、郊外のシネコンだけになってしまったのはちょっと残念ですが、是非映画を観てロケ地を訪ねてみてはいかがでしょうか?

 

Dsc_0026 Dsc_0011 Dsc_0012 Dsc_0024 Dsc_0013 Dsc_0014 Dsc_0015 Dsc_0025 Dsc_0018 Dsc_0021 Dsc_0022_2 Dsc_0023_2 

Side_bnr_12

 

千国街道保高宿

松本と糸魚川を結ぶ千国街道は通称塩の道とも呼ばれ、日本海の海産物や塩と内陸の麻や木綿を運ぶ重要な街道として、明治から昭和の初期にかけてとても賑わっていました。千国街道の松本から3番目の宿場が、穂高の地名の由来でもある保高宿。現在の旧国道147号線の穂高神社入口から丸山菓子舗あたりが旧宿場の範囲で、今でも短冊型の敷地に土蔵造りや本棟造りの建物が残っています。特に北側に数棟残る黒漆喰の建物は重厚感があり、今でも当時の面影を良く残しています。

個人的には以前から保高宿にはとても関心があり、保存活用について様々な機会で提案してきました。しかし、残念ながら市民の関心は薄く、今までほとんど注目されることはありませんでした。昨年3月にふるさとウォッチングを開催し、その後まちなかウォークラリーやウォークラリーのルートに組み入れたことで、最近少しづつ市民に認識されはじめたところです。

今年4月に策定された市の景観計画にも保高宿の保存活用が盛込まれましたが、具体的な保存活用についての議論はこれからです。当時の保高宿は中央に矢原堰の水が引かれ、水郷の里の安曇野らしいまちなみだったようですが、今では当時の資料もほとんど残っていません。今は大勢の観光客で賑わう松本の中町も、20数年前は同じような状況でしたので、今ならまだ間に合うでしょう。水路の完全復活までは難しいかもしれませんが、建物の修景や電線の地中化、街路の整備など、将来に向けた第一歩を踏み出すことが大事だと思っています。

せっかく安曇野が連続テレビ小説「おひさま」の舞台に選ばれたのに、ロケ地が奈良井宿というのは市民としてはちょっと複雑な心境です。将来もし「おひさま」の続編が放送されることになった時には、是非再生した保高宿が舞台であってほしいと願っています。

新聞記事(pdf)

Ca3c0028 Ca3c0190 Ca3c0192 Dsc_1657 Dsc_1659 Dsc_1661 Dsc_4519 

Side_bnr_12

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »