« 2012年5月 | トップページ | 2012年10月 »

松本山雅ホームタウン

安曇野市がJ2リーグ松本山雅に500万出資し、松本市、塩尻市、山形村と共に松本山雅のホームタウンに加わることが決まりました。昨日関係者が出席して記念式典があり、チームマスコットのガンズくんからタイアップフラッグが市に贈呈されました。今後試合会場での安曇野のPRや青少年のスポーツ振興等、地域活性化の効果が期待されています。また、7月10日~24日まで穂高交流学習センターみらいにて松本山雅展が開催されますので、是非足を運んでみてください。

今年からJ2リーグに参戦している松本山雅FCは、前期21試合が終了して6勝6分9敗で22チーム中16位。元五輪代表の反町監督を迎えたものの選手の大型補強はなく、昨年のJFL時代をベースにしているチームとしてはまずまずの成績と言えるでしょう。得点力不足という課題はありますが、守備では一定の成果も見え始め、選手達にはJ2で戦える自信も感じられるようになってきました。また、観客動員はJ2トップの1試合9488人で、お年寄りから子どもまで幅広い世代がアルウィンで応援していることも大きな力になっています。

ヨーロッパではサッカーは単なるスポーツではなく、地域の誇りであり文化です。地方の小都市である安曇野がプロサッカーのホームタウンであることは、安曇野市民そして次代を担う子ども達にとってかけがえのない財産になるでしょう。短期的な成績だけでなく、中長期的な視野であたたかく見守っていきたいですね。

http://www.yamaga-fc.com/

 

06273 424163_256952731056470_186482351_n 564381_289730571112019_681082883_n 579290_283989215019488_1033327425_n

Side_bnr_12

初夏の上高地

天気の良い平日に遠方から来た友人と上高地に行って来ました。この時期は新緑と北アルプスの残雪が楽しめる、上高地の最も美しい季節です。安曇野から沢渡までは車で1時間、沢渡から上高地へはバスで約30分。大正池でバスを下り、河童橋を経て明神池まで散策しました。

梅雨とは思えない最高の天気で、穂高連峰の大パノラマを堪能することができました。大正池から河童橋までは約1時間、河童橋から明神池の往復は約2時間で、高低差も少なく快適な散策が楽しめます。せっかく上高地に行っても、河童橋だけ見て帰る人が多いのはもったいないですね。地名の由来となった神が降りる地とされる明神池のほとりには、穂高神社の奥宮もあります。明神池までは高低差が少ない整備された散策路なので、是非ゆっくり歩いてもらいたいと思います。

安曇野から上高地へは、乗換えなしの直行バスツアーもあります。また、東京や大阪から上高地への夜行の直行バスも運行しています。この時期の上高地はオススメですよ。

http://www.kamikochi.or.jp/index.php

 

554826_318753908209685_729898508_n 180226_318753821543027_1294671651_3 196027_318754111542998_805007837_n 197695_318753931543016_1149110330_n 208933_318753701543039_468193896__2 252288_318753761543033_878799896_n 246463_318754211542988_1677873827_n 527678_318754194876323_2075885590_n 554606_318754034876339_129821314_n 543331_318754268209649_536801070__2 283650_318754051543004_825270309__2 166036_318753788209697_1968910849_n

Side_bnr_12

« 2012年5月 | トップページ | 2012年10月 »