« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

屋敷林フォーラム2017

屋敷林と歴史的まちなみプロジェクトが毎年開催している「安曇野屋敷林フォーラム」。2017年のフォーラムは、今年度策定予定の緑の基本計画をテーマに安曇野市役所本庁舎にて3月25日に開催します。  策定委員会の委員長を務める佐々木邦博氏の基調講演の他、「緑に対する市民の使命」をテーマにしたパネルディスカッションや武蔵野や砺波の事例紹介等で、安曇野の緑の保全活用について考えるフォーラムです。

参加費や事前申込みは不要で、私もコーディネーターとして参加します。また、市役所本庁舎1Fホールでは、13日~25日まで活動を紹介するパネル展も行いますので、この機会に安曇野の緑と屋敷林について考えてみませんか?

http://www.city.azumino.nagano.jp/soshiki/32/25291.html

17170

冬の美ヶ原

11月中旬~4月中旬迄冬季通行止めとなる美ヶ原。登山者でなくても冬の美ヶ原を堪能できる唯一の方法が、松本駅への送迎がある王ヶ頭ホテルへの宿泊です。今年から送迎ルートが雪上車への乗り換えが不要な美ヶ原林道経由となり、時間も乗り心地も大きく改善して行きやすくなりました。

宿泊先の王ヶ頭ホテルは、施設も食事もおもてなしも最高な人気の宿。晴天率が高い極寒の美ヶ原はまさに絶景で、霧氷の樹林帯の先に360℃の大パノラマが広がっています。ご来光や雪上車体験ツアーもあり、ここでしか味わえない冬山の風景を満喫できます。冬の週末の予約を取るのは難しいかもしれませんが、平日に休んででも訪れたいオススメの場所です。

若一王子神社

大町の市街地北端に位置し、社叢が県天然記念物に指定されている若一王子神社。町割りに重要な呑堰の分岐点に祀られ、仁科氏が厚く信仰していた熊野権現那智大社を分社したと伝えられています。1556年築の本殿は国の重要文化財で、棟には赤鬼、縁側には木製の狛犬が鎮座しています。拝殿は1975年に伊勢神宮から移築されたもので、境内の東半分には長野県宝の三重塔や観音堂もあります。

7月の例大祭が行われ、子ども流鏑馬や6台の舞台(山車)が祭りを彩ります。多くの歴史文化遺産に恵まれ神仏習合の影響が残るミステリアスな神社ですが、地元以外ではあまり知られていません。市内南部の国宝の仁科神明宮と共に、大町に行ったら是非立ち寄りたいオススメスポットです。

http://nyakuichi.jp/

20130210_112250 20130210_112047 20130210_112004

2月の安曇野

日中でも氷点下のこともある安曇野。冬の安曇野は、自然が織成す雪と氷の美しい世界です。

http://azumino.cocolog-nifty.com/keikan/

20170105_070602 20170122_110040 20170116_145942 20170107_090256

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »