« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

安曇野わさび田湧水群

高瀬川、穂高川、犀川が交わる三川合流地域。穂高川と犀川に挟まれた豊科重柳から穂高等々力にかけては、「安曇野わさび田湧水群」として環境省の名水百選にも選ばれています。2016年の名水百選30周年選抜総選挙では、4部門の内観光地と景観の2部門で1位を獲得しました。日量70万トンを誇る豊かな湧水は真夏でも水温が15度程度で、特産のわさび栽培やニジマスの養殖にも利用され、まさに安曇野の代表的な景観と言えるでしょう。

安曇野のには諏訪湖の約100倍の地下水があると言われ、北アルプスの雪解け水が数十年かけて湧き出しています。近年は都市化による水田の減少や工場等による大量の地下水汲上げによる地下水位の低下が懸念され、安曇野市では平成25年に地下水保全条例を制定し、県や周辺市町村とも連携して地下水保全に取り組んでいます。

湧水群の最上流にあたる憩いの池には、豊富な湧水の横に名水百選「安曇野わさび田湧水群」の碑が立っています。清らかな水面には梅花藻が咲き、池の周辺は公園として整備されています。ガラス工房や田淵記念館のある安曇野の里にも近く、おひさまのロケが行なわれたせせらぎの小路やわさび田探索路等、涼を求める水辺の散策には最適なオススメの場所です。

http://www.env.go.jp/press/102289.html

20150714_090830 20150614_062404 20150614_062646 20150614_062821

北アルプス~燕岳

梅雨明けが発表された19日、日帰りで燕(つばくろ)岳に登ってきました。北アルプス表銀座の登山ルートでもある標高2763Mの山です。山容が燕が翼を広げた形に似ていることが山名の由来で、地元では単に「つばめ」とも呼ばれています。ルート途中に4ヶ所の休憩ベンチと2ヶ所の小屋があることから、地元の中学校の学校登山のコースにもなっています。

登山口は秘湯として知られる中房温泉で、合戦尾根への登りは、剱岳早月尾根、烏帽子岳ブナ立尾根と並ぶ北アルプス三大急登と言われています。途中第1~第3、富士見の4つのベンチを過ぎると、スイカで有名な合戦小屋。合戦小屋から尾根沿い登ると北アルプスが一望できる稜線の燕山(えんざん)荘に着きます。燕山荘からは残雪の槍ヶ岳や裏銀座、花崗岩の山容が美しい燕岳のまさに絶景。燕山荘から山頂へは稜線沿いに約30分でイルカ岩やメガネ岩等の奇岩や、高山植物の女王「コマクサ」の群生が登山者を楽しませてくれます。

下山後は野天風呂のある有明荘で極楽のひととき。登り始めの急登はきついかもしれませんが、途中に2ヵ所の小屋もあって安心な、初心者でも楽しめるおすすめの山です。尚、平日にも関わらず駐車場はいっぱいでした。シーズン中は満車の可能性もあるので、穂高駅前かしゃくなげの湯に車を駐めてバスを利用した方が良いでしょう。

http://www.nan-an.co.jp/modules/bus/nakafusa/ 

20170719_115854 20170719_104724_2  20170719_102218 20170719_10202220170719_112503 20170719_120750 20170719_102307 20170719_093513 20170719_092306 20170719_152647

黒沢の滝

安曇野の南西にある黒沢山を源流に住吉神社付近で尻無川となる黒沢川。安曇野の水源でもある上流には、エメラルドグリーンのダム湖と美しい渓谷、そして幅5M、落差30Mの黒沢の滝があります。滝の手前には雨乞いの神を祀る黒沢不動尊があり、毎年雨乞いの神事を行っています。

黒沢の滝も黒沢不動尊も訪れる人が少なく、安曇野でも穴場のクールスポットです。黒沢不動尊を過ぎたダム湖の先に駐車スペースがあり、黒沢の滝までは林道を歩いてすぐ。里の暑さを逃れて、美しい渓谷の涼風に吹かれてみませんか?

20160717_160235 20160717_160313 20160717_160505 20160717_160613
20160717_161726 20160717_154541

三角島自然体験会

大王わさび農場の水車小屋の対岸に位置し、豊かな水辺の自然に恵まれた三角島。三角島をふるさとの森として後世に継承していくことを目的に、2009年2月に「三角島ふるさとの森プロジェクト」が設立されました。2009年3月には長野県と河川アダプト契約を締結し、市民の協力を得ながら河川敷のアレチウリ除去や清掃活動を行ってます。また、親子を対象とした自然観察会やスケッチ大会等を定期的に開催し、2012年度の国道交通省「手づくり郷土賞」を受賞しました。

「三角島ふるさとの森プロジェクト」では安曇野市環境課と共催で、7月30日に三角島自然体験会を開催します。湧水池でのボート体験や水生昆虫の観察、外来植物の除去等、三角島ならではの貴重な体験ができる機会です。夏休みの自由研究の素材として親子で参加しませんか?

開催案内(pdf)

http://keikan-azumino.net/

20150802_075435

安曇野水上散歩

名水百選にも選ばれている安曇野は湧水の宝庫。暑い夏はクリアボートによる水上散歩がオススメです。場所は大王わさび農場の水車小屋横を流れる蓼川。清らかな川の上から、水車小屋や柳並木、美しい水草等の安曇野の水の風景が楽しめます。船は船底が透明なクリアボートで、ガイドによる説明を受けながら、ボートを漕いだり、冷たい川に足を入れたり、水中眼鏡で川底を覗いたりすることもできます。

営業時間は4月下旬~10月下旬の10時~14時で、安曇野コース20分(大人1200円小人900円)。水上からは梅に似た可憐な花を咲かせるバイカモ(梅花藻)やハグロトンボ(羽黒蜻蛉)を見ることができます。週末はかなり混雑するので、朝一番に乗船後ゆっくりわさび農場を散策すると良いでしょう。

http://www.azuminokisen.com/

P1010003_2 P1010004 P1010010 P1010012

安曇野の活断層

6月25日に県南部で発生した震度5強の地震では、安曇野でも震度2を観測しました。長野県内には北部の信濃川断層帯、中部の糸魚川静岡構造線、南部の伊那谷断層帯等の活断層帯があり、今後30年以内に大地震が発生する可能性があるとされています。。特に中央構造線沿いの飯田や諏訪湖周辺は危険度が高いとされ、東海地震防災対策強化地域にも指定されています。

安曇野の犀川・髙瀬川付近には糸魚川静岡構造線が南北に走っており、特に松本南部の午伏寺断層は、地震発生の危険度が高い活断層とされています。北アルプスの扇状地である犀川より西側の安曇野の平野部の地盤は安定しているされていますが、糸魚川静岡構造線より東側のフォッサマグナは地質的に脆いとされ、急傾斜地では土砂災害や建物の倒壊に対する注意が必要です。

地震ハザードカルテの最新版によると、長野県中部の今後30年間に震度6弱以上の地震の確率は、、松本市30.9%、安曇野市28.3%、大町市14.2%となっています。活断層の最新の調査結果を考慮して多少上昇しましたが、それでも大都市(東京72.0%、横浜81.3%、名古屋45.6%、大阪55.9%)や県南部(諏訪市64.3%、飯田市42.5%)に比べるとそれほど高くはありません。

いつ起こるかわからない地震に対しては、正しい知識と事前の備えが重要です。地震ハザードカルテや防災マップで、自分の住んでいる場所の危険性を確認するとともに、1981年(昭和56年)5月以前に建築確認を受けた旧耐震基準の建物については、耐震診断を受け必要に応じて耐震補強等の対策をしておくことをおすすめします。

地震ハザードカルテ

安曇野市防災マップ

Actflt01

7月の安曇野

安曇野では三郷室山池の睡蓮、池田夢農場ではラベンダーが見頃を迎えました。今年は雨が少なく梅雨明けも早いと予想され、今月中旬から北アルプスの登山シーズンがはじまります。

http://azumino.cocolog-nifty.com/keikan/

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »