« 安曇野わさび田湧水群 | トップページ | 8月の安曇野 »

北アルプス~爺ヶ岳

例年にない猛暑と好天に誘われて4年ぶりに爺ヶ岳へ。剱立山連峰の眺望がすばらしい標高2669Mの山で、前回は娘との登山でしたが、今回はきままな単独行です。登山口は黒部ダムへ向かうトロリーバスの扇沢駅の手前。扇沢橋の両側に駐車場がありますが、平日の6時でなんとか1台駐められました、満車の場合は扇沢駅の最下段の駐車場を利用することができます。

臨時の登山相談所が設置された登山口の標高は1350M。登山口から八つ見ベンチまでは尾根沿いの急登で、ケルンを超えると雪渓が美しい針ノ木岳が見えます。雪渓の残る沢を横断しナナカマドの林を抜けると、お花畑が広がる稜線の種池山荘。山荘からは雪を抱いた立山連峰や針ノ木岳や蓮華岳が一望で、それまでの疲れを癒してくれます。ハイマツに覆われた眺望の良い稜線の先が爺ヶ岳の山頂で、南峰を超えた先に中峰の頂があります。山頂からは西に剱岳&立山、南に針ノ木岳&蓮華岳、北に鹿島槍ヶ岳、東に安曇野の大パノラマが広がっています。

登山口から山頂までの標高差は約1300Mですが、種池山荘のある稜線までは約3時間半で登ることができます。登山道はとても整備されており、眺望の良い稜線まで短時間で登れる北アルプス入門に最適なおすすめのコースです。下山後は大町温泉郷の薬師の湯で温まり、無事夕食前に帰宅しました。

20180724_103949 20180724_095641_2 20180724_104505_2 20180724_092849 20180724_103854 20180724_114305 20180724_065704 20180724_092524


« 安曇野わさび田湧水群 | トップページ | 8月の安曇野 »

1 北アルプス」カテゴリの記事