« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年基準地価

国土交通省より7月1日現在の基準地価が発表されました。基準地価は都道府県が調査する毎年7月1日現在の地価で、国が調査する1月1日現在の公示地価と共に公共用地等の売買の基準となる地価です。長野県内の基準地価は、近年の地価下落でほぼ実勢価格に近い水準となっています。

長野県内は住宅地が△0.9%で22年連続、商業地は△1.4%と27年連続で下落しましたが、下落率はともに8年連続で縮小しました。安曇野市では2地点が上昇となり、平均変動率が2年連続で上昇となりました。周辺では松本市と塩尻市が2年連続で上昇する一方、大町市、松川村、池田町では下落が続き、都市部と周辺部で明暗が分かれています。

000235531

安曇野さんぽ2018秋

「ふるさとさんぽ」と「さとやまさんぽ」を一体化して2016年度にスタートした「安曇野さんぽ」。2018年秋版は、10月27日に豊科飯田、11月11日に明科塔ノ原、、11月24日に穂高牧の「ふるさとさんぽ」3コース、11月3日に堀金角蔵山の「さとやまさんぽ」1コースで開催します。

各コースとも定員15名で、安曇野の自然、歴史、文化を学びながらガイドと一緒に散策します。参加費は1000円で、公式サイトにてマップのダウンロードと参加申込が可能です。
歴史文化薫る秋の安曇野を一緒に歩いてみませんか?

 
20150725_094216 20150725_084951

第27回ふるさとウォッチング

NPO法人安曇野ふるさとづくり応援団主催の安曇野の原風景を巡る「ふるさとウォッチング」。27回目は有明山麓に位置する八面大王伝説の里、穂高宮城地区。 有明山神社を起点に魏石鬼窟、正福寺、宮城第一発電所、中房川などを訪ね歩き、散策後には”ぬかくど”で炊いたおむすびを味わって参加者同の交流を深めます。

参加費は1000円で、公式サイトにて10月5日迄申込み受付中です。安曇野の自然、歴史、文化を学びながら、秋の安曇野を一緒に散策してみませんか?

http://azumino-furusato.com/

20150826_091409 20150826_112316 20150826_113140 20150826_100122


穂高神社御船祭り

穂高神社の例大祭「御船祭」。今年も9月26日に宵祭り、27日に本祭りが行なわれます。穂高神社は北九州に本拠があった海洋民族の安曇族が起源とされ、穂高人形が飾られた御船が穂高の各地区から穂高神社へ曳航されます。穂高神社では、2016年5月の小遷宮に合わせて神楽殿や手水舎が新調されました。クライマックスではその神楽殿の前で2台の大人船が激しくぶつかりあいます。

穂高神社北神苑にある御船会館では、常時御船が展示されています。サイトの割引クーポンを利用すると入館料300円が100円となりますので、こちらもお見逃しなく・・・。

http://www.hotakajinja.com/ofunekaikan.html

20150823_061537 20150823_061850 20150823_062511 20140927_062020

吉祥山東光寺

本陣等々力家の斜向いにある吉祥山東光寺。前身は東龍寺と呼ばれ、等々力家が開山したと言われています。薬師如来像は室町時代の木彫立像で、安曇野市の有形文化財です。正面の楼門内の仁王像のモデルは元横綱北の湖とされ、門前にある仁王様の朱塗りの大下駄を履くと願いが叶うとされています。

長野の善光寺のように境内には回向柱が立ち、本堂下は戒壇巡りができるようになっていてます。境内はこじんまりとしていますが、朱塗りの下駄と百日紅の大木、彩色された子連れ道祖神が境内に彩りを添え、遊び心のある親しみやすいお寺です。場所も穂高駅と大王わさび農場の中間で、周辺はわさび田や道祖神も点在しています。穂高駅から大王わさび農場まで、初秋の安曇野をのんびり歩いてみませんか?

http://azuminolocation.com/location/tokoji

20150830_093502 20150830_093752 20150830_094724 20150830_094450

9月の安曇野

安曇野では秋蕎麦の白い花が咲き、田んぼも黄金色になりはじめました。今年は例年より早く稲穂も実り、収穫の秋を迎えます。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »