« 安曇野案内人倶楽部 | トップページ | 11月の安曇野 »

長福寺の大銀杏

永禄年間に開創した曹洞宗の金勝山長福寺。明治政府の廃仏毀釈で一旦廃寺となりましたが、檀信徒の熱意によって明治13年に現在の地に再興されました。

東山の高台に位置する境内からは、北アルプスと安曇野が一望できます。高さ30mの大銀杏の黄葉は圧巻で、可愛い六地蔵や紅屋根の豊雲閣との調和が美しい、秋のおすすめのビューポイントです。

http://choufukuji1880.com/index.html

20191028-11092220191028-10572020191028-11072820191028-110314 20191028-10550020191028-105237

« 安曇野案内人倶楽部 | トップページ | 11月の安曇野 »

3 自然風景」カテゴリの記事