« 早春賦歌碑 | トップページ | 第30回ふるさとウォッチング【延期】 »

安曇野ふるさと遺産

2007年から開催している「ふるさとウォッチング」を通して、屋敷林、堰、道祖神等の地域の歴史文化景観遺産の再発見に努めてきたNPO法人安曇野ふるさと応援団。安曇野の暮らしに根付いて脈々と受け継がれてきた歴史文化景観遺産を継承するため、県の元気づくり支援金を活用して2018年度にスタートしたのが「安曇野ふるさと遺産」の取組みです。

「安曇野ふるさと遺産」とは、失われつつあるこうした歴史文化景観遺産を認定し協働で継承していく新たなしくみです。認定エリアで景観育成活動を行っている市民団体と協定を締結することで、行政や地域住民等とも連携して保全活用活動を行っていきます。 昨年度の「長尾野沢の屋敷林と田園集落」「潮沢の交通遺産と東山集落の暮らし」「千国街道穂高のまちなみ」の3地域に続き、今年度は「天蚕の恵みと新屋の屋敷林」「烏川扇状地と西山山麓の里山文化」を認定しました。また、公式サイトもリニューアルし、「安曇野ふるさと遺産マップ」もダウンロードできるようになりましたので、是非ご活用ください。

http://azumino-sanpo.info/azumino-heritage/

Heritage_logo_02_3

Furusatoisan_map

 

 

 

 

 

« 早春賦歌碑 | トップページ | 第30回ふるさとウォッチング【延期】 »

5 まちづくり」カテゴリの記事