冬の美ヶ原

11月中旬~4月中旬迄冬季通行止めとなる美ヶ原。登山者でなくても冬の美ヶ原を堪能できる唯一の方法が、松本駅への送迎がある王ヶ頭ホテルへの宿泊です。2017年から送迎ルートが雪上車への乗り換えが不要な美ヶ原林道経由となり、時間も乗り心地も大きく改善して行きやすくなりました。

宿泊先の王ヶ頭ホテルは、施設も食事もおもてなしも最高な人気の宿。晴天率が高い極寒の美ヶ原はまさに絶景で、霧氷の樹林帯の先に360℃の大パノラマが広がっています。ご来光や雪上車体験ツアーもあり、ここでしか味わえない冬山の風景を満喫できます。冬の週末の予約を取るのは難しいかもしれませんが、平日に休んででも訪れたいオススメの場所です。

3月の安曇野

安曇野では犀川の白鳥の北帰行がはじまりました。寒さを緩み、柔らかな陽射しが春が近いことを告げています。

雪の烏川渓谷

常念岳と蝶ヶ岳を源に安曇野の扇状地を形成する烏川。乳川と中房川と合流して穂高川となり、大王わさび農場付近の三川合流部で犀川となります。燕岳や有明山を源とする乳川の白っぽい花崗岩質の川砂に対し、黒っぽい堆積岩質の川砂が特徴で、「乳=白」と「烏=黒」が各々の名前の由来とされています。また、扇央部では水が浸透し、「洲が空になる=空洲」を由来とする説もあります。

烏川渓谷一体は2002年に烏川渓谷緑地として県営公園に指定され、水辺の豊かな自然を守りつつ、ビオトープやつり橋、園路等が整備されています。夏とは異なり冬は訪れる人も少なく、静寂に包まれた雪と氷の世界です。安全で気軽に雪の渓谷散策が楽しめる、冬の安曇野のオススメスポットです。

http://karasugawa.com/

20180224_110026 20171209_081740 20171209_081946 20180224_105912 20180224_105626 20180224_105156

氷瀑黒沢の滝

安曇野南西の黒沢山に源を発し、住吉神社付近で尻無川となる黒沢川。上流には雨乞いの神が祀られた黒沢不動尊と黒沢の滝があります。厳冬期の黒沢の滝は、落差約30Mの滝が結氷して氷瀑となります。静寂の中に青白く光る氷の芸術は、一見の価値がある冬ならではのビューポイントです。

黒沢の滝へはすぐ近くまで林道が続いていますが、道幅が狭く冬季は凍結しています。雪の状況にもよりますが、山麓線から上がって300Mほどの場所にある市の水道施設に車を止めて歩いていくのが無難でしょう。そこから黒沢不動尊まで約1.4km、黒沢の滝まで約2.2㎞です。尚、黒沢不動尊より先は訪れる人も少なく、凍結したつづら折りの急坂が続きます。雪道に自信のない方は黒沢不動尊で折り返した方が良いかもしれません。

Ca3c0074_4 0080_2 20180218_145105 20180218_145659    20180218_145516 20180218_145451

2月の安曇野

日中でも氷点下の真冬日となることもある2月の安曇野。冬の安曇野は、自然が織成す雪と氷の美しい世界です。

http://azumino.cocolog-nifty.com/keikan/

1月の安曇野

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします!寒さの厳しい冬の安曇野は、雪に抱かれた北アルプスの絶景を望むことができます。雪も少なく晴天率も高いので、是非冬の安曇野に足を運んでみてください。

安曇野の白鳥

35シーズン目を迎えた安曇野の白鳥。毎年シベリアから500~1000羽のコハクチョウが、犀川ダム湖や御宝田遊水池に飛来します。今シーズンは10月19日に飛来が始まり、12月21日現在106羽の飛来が確認されています。

安曇野の白鳥の主な飛来地は、豊科の犀川ダム湖と明科の御法田遊水地。一般的には犀川ダム湖の方が知られていますが、御法田遊水池では雪化粧した北アルプスをバックに白鳥を見ることができます。最近は地下水保全のために冬に水を張る田んぼもあり、日中は周辺の田畑で過ごすことも多くなっています。飛来した白鳥を見るなら、朝焼けや川霧が美しい早朝がオススメですよ。

https://www.city.azumino.nagano.jp/life/3/46/235/

20151208_112302 20151208_111739 20151208_111850 20151208_112129

ビューポイントあづみの

私が代表を務める安曇野百選プロジェクトが運営している安曇野の風景投稿サイト「ビューポイントあづみの」。開設して丸6年が経過し、姉妹サイト「ビューポイント信州の山」も合わせた投稿数は2100件を超え、月間アクセスが3000件を超える安曇野の人気サイトとなりました。

昨年秋の大幅リニューアルによりスマホ対応になると共に、トップページにカテゴリー別の週間ランキングが表示されるようになりました。また、GPS情報を利用した自動投稿機能やポストカード印刷機能等が追加され、より使いやすいサイトになりました。
安曇野には、田園、里山、北アルプスの各カテゴリーに、あまり知られていない魅力的な場所がたくさんあります。投稿された風景写真は、穂高駅、明科駅、国営アルプスあづみの公園で常設展示もしていますので、是非のお気に入りのビューポイントの投稿をお願いします。


About_img_06 About_img_05 Post_manual

12月の安曇野

安曇野では北アルプスも冠雪し、里の冬支度が進んでいます。穂高神社の「安曇野神竹灯」や国営アルプスあづみの公園の「光の森のページェント」も開催され、寒い冬に彩りを添えています。

11月の安曇野

安曇野では里の紅葉がピークを迎え、秋色に染まった里山越しに北アルプスが美しい姿を見せています。芸術文化の秋、11月1日~4には安曇野スタイル2018も開催します。

http://azumino.cocolog-nifty.com/keikan/

より以前の記事一覧