1月の安曇野

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします!寒さの厳しい冬の安曇野は、雪に抱かれた北アルプスの絶景を望むことができます。雪も少なく晴天率も高いので、是非冬の安曇野に足を運んでみてください。

安曇野の白鳥

35シーズン目を迎えた安曇野の白鳥。毎年シベリアから500~1000羽のコハクチョウが、犀川ダム湖や御宝田遊水池に飛来します。今シーズンは10月19日に飛来が始まり、12月21日現在106羽の飛来が確認されています。

安曇野の白鳥の主な飛来地は、豊科の犀川ダム湖と明科の御法田遊水地。一般的には犀川ダム湖の方が知られていますが、御法田遊水池では雪化粧した北アルプスをバックに白鳥を見ることができます。最近は地下水保全のために冬に水を張る田んぼもあり、日中は周辺の田畑で過ごすことも多くなっています。飛来した白鳥を見るなら、朝焼けや川霧が美しい早朝がオススメですよ。

https://www.city.azumino.nagano.jp/life/3/46/235/

20151208_112302 20151208_111739 20151208_111850 20151208_112129

ビューポイントあづみの

私が代表を務める安曇野百選プロジェクトが運営している安曇野の風景投稿サイト「ビューポイントあづみの」。開設して丸6年が経過し、姉妹サイト「ビューポイント信州の山」も合わせた投稿数は2100件を超え、月間アクセスが3000件を超える安曇野の人気サイトとなりました。

昨年秋の大幅リニューアルによりスマホ対応になると共に、トップページにカテゴリー別の週間ランキングが表示されるようになりました。また、GPS情報を利用した自動投稿機能やポストカード印刷機能等が追加され、より使いやすいサイトになりました。
安曇野には、田園、里山、北アルプスの各カテゴリーに、あまり知られていない魅力的な場所がたくさんあります。投稿された風景写真は、穂高駅、明科駅、国営アルプスあづみの公園で常設展示もしていますので、是非のお気に入りのビューポイントの投稿をお願いします。


About_img_06 About_img_05 Post_manual

12月の安曇野

安曇野では北アルプスも冠雪し、里の冬支度が進んでいます。穂高神社の「安曇野神竹灯」や国営アルプスあづみの公園の「光の森のページェント」も開催され、寒い冬に彩りを添えています。

11月の安曇野

安曇野では里の紅葉がピークを迎え、秋色に染まった里山越しに北アルプスが美しい姿を見せています。芸術文化の秋、11月1日~4には安曇野スタイル2018も開催します。

http://azumino.cocolog-nifty.com/keikan/

10月の安曇野

安曇野では田んぼの稲刈りも終わり、そばの収穫も始まりました。北アルプスの山々が秋色に染まり始めると共に、美味しい新そばの季節を迎えます。

9月の安曇野

安曇野では秋蕎麦の白い花が咲き、田んぼも黄金色になりはじめました。今年は例年より早く稲穂も実り、収穫の秋を迎えます。

安曇野の延命水

烏川の須砂渡渓谷上流にある延命水。苔むした岩の隙間からいく筋もの清水が白糸のように流れ落ちる様は、まさに命の水に相応しい独特な水風景です。水が汲みやすいように組まれている竹は、最近新しいものに取り換えられました。 場所は蝶ヶ岳の三股登山口へ向かう林道沿い。数台分の駐車スペースと大きな看板が目印で、駐車スペースの脇からは烏川にも下りられます。

この辺りの烏川は大きな岩と清流が調和し、下流とは異なる風情の美しい渓流になっています。 近くには大水沢の滝もありますので、涼を求めて足を伸ばしてみませんか?
 
20150801_164757 20150801_164216 20150801_170339 20150801_165232

8月の安曇野

田園の緑が眩しい夏まっ盛りの安曇野。夏休みを利用して、登山や川遊びなどのアウトドアにで出かけてみませんか?

安曇野わさび田湧水群

高瀬川、穂高川、犀川が交わる三川合流地域。穂高川と犀川に挟まれた豊科重柳から穂高等々力にかけては、「安曇野わさび田湧水群」として環境省の名水百選にも選ばれています。2016年の名水百選30周年選抜総選挙では、4部門の内観光地と景観の2部門で1位を獲得しました。日量70万トンを誇る豊かな湧水は真夏でも水温が15度程度で、特産のわさび栽培やニジマスの養殖にも利用され、まさに安曇野の代表的な景観と言えるでしょう。

安曇野のには諏訪湖の約100倍の地下水があると言われ、北アルプスの雪解け水が数十年かけて湧き出しています。近年は都市化による水田の減少や工場等による大量の地下水汲上げによる地下水位の低下が懸念され、安曇野市では2013年に地下水保全条例を制定し、県や周辺市町村とも連携して地下水保全に取り組んでいます。

湧水群の最上流にあたる憩いの池には、豊富な湧水の横に名水百選「安曇野わさび田湧水群」の碑が立っています。清らかな水面には梅花藻が咲き、池の周辺は公園として整備されています。ガラス工房や田淵記念館のある安曇野の里にも近く、おひさまのロケが行なわれたせせらぎの小路やわさび田探索路等、涼を求める水辺の散策には最適なオススメの場所です。

http://www.env.go.jp/press/102289.html

20150714_090830 20180722_082053 20180722_082230 20180722_082859 20180722_082251 20180722_082116_2

より以前の記事一覧