南安曇農業高校日輪舎

1920年(大正9年)に南安曇農学校として開校し、来年創立100周年を迎える南安曇農業高校。安曇野市内では、1914年(大正3年)開校の穂高商業高校(旧南安北部農学校)に次いで歴史のある高校です。校舎周辺の約1.7haの第一農場の他に、堀金に約6haの広大な第二農場があります。

第二農場の敷地内には、1945年(昭和20年)築の日輪舎が建っています。日輪舎とは、満蒙開拓の内原訓練所として建てられた日輪兵舎を模した直径13mの円形の木造2階建。建築が容易でコストも安いことから全国各地で数多くたてられましたが、現存しているものは少なく、2009年に国登録文化財に指定されました。広大な農場からは、常念岳が綺麗に望めます。

http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/183846

20190114_090950 20190114_091057 20190114_091457 20190114_091243

若一王子神社

大町の市街地北端に位置し、社叢が県天然記念物に指定されている若一王子神社。町割りに重要な呑堰の分岐点に祀られ、仁科氏が厚く信仰していた熊野権現那智大社を分社したと伝えられています。1556年築の本殿は国の重要文化財で、棟には赤鬼、縁側には木製の狛犬が鎮座しています。拝殿は1975年に伊勢神宮から移築されたもので、境内の東半分には長野県宝の三重塔や観音堂もあります。

7月の例大祭が行われ、子ども流鏑馬や6台の舞台(山車)が祭りを彩ります。多くの歴史文化遺産に恵まれ神仏習合の影響が残るミステリアスな神社ですが、地元以外ではあまり知られていません。市内南部の国宝の仁科神明宮と共に、大町に行ったら是非立ち寄りたい初詣のオススメスポットです。

http://nyakuichi.jp/

20130210_112250 20130210_112047 20130210_112004

国宝仁科神明宮

大町市南部の高台に鎮座する仁科神明宮。本殿、中門及び釣屋は、松本城、善光寺本堂、安楽寺八角三重塔、大法寺三重塔と並ぶ、県内に5つしかない国宝建造物の1つです。20年に一度の式年遷宮祭で社殿の造営を行ないますが、寛永13年(1636年)を最後に新築ではなく修造にて現在に至っていることから、最古の神明造として残る貴重な建築物です。

杉や檜等の大木に囲まれた社叢は県の天然記念物にも指定され、厳かな雰囲気に包まれています。また、境内には参道と本殿の脇に大木の切り株があり、その頭上に広がる空の大きさが、御神木であった偉大な大木の存在を今に伝えています。

神聖な雰囲気漂う境内は、まさに信州の隠れたパワースポット。来年は20年に1度の式年遷宮の年であり、新たな活力を得て新年を迎えるには最適な場所です。お正月も厳かな雰囲気で静かに参拝することができるので、是非二年参りや初詣に訪れてみてください。

http://www.sinmeigu.jp/

20150111_103137 20150111_103654 20150111_103855 20150111_104346

安曇野神竹灯&みちあかり

安曇野で暮らすように泊まる実行委員会(通称くらとま)が8年前にスタートした「安曇野神竹灯(かみあかり)」。昨年から実行委員会の主催となり、今年は11月30日~12月2日に穂高神社周辺で開催されます。大分県竹田市の豊玉姫から贈られる竹灯篭も過去最高の10000本となり、穂高神社周辺が幻想的な光で包まれます。

時間は16:00~20:00で、参加者自身が竹灯篭に点火することができます。また、30日と1日は、大門通りにランタンを並べ歴史的建造物をライトアップする「みちあかり」も開催します。厳かな冬の夜、カップルやファミリーで神秘の光を体験してみませんか?

14572407_1193799957346589_442330318

20141205_173557 20141205_173247

安曇野スタイル2018

安曇野の魅力を発信したいと6人の女性の呼びかけではじまった安曇野スタイル。安曇野スタイルとは、安曇野の工房やアトリエを一斉公開して地元の作家の作品等を展示するもので、市民主体の安曇野の秋の文化芸術イベントとして定着しました。

14回目となる「安曇野スタイル2018」は、11月1日(木)~11月4日(日)の4日間、安曇野の工房、アトリエ、クラフトショップ、美術館、ギャラリー、飲食店、宿など150軒が参加して開催されます。芸術の秋、文化薫る安曇野へ出かけてみませんか?

http://www.azumino-style.com/

Croppedas011

安曇野さんぽ2018秋

「ふるさとさんぽ」と「さとやまさんぽ」を一体化して2016年度にスタートした「安曇野さんぽ」。2018年秋版は、10月27日に豊科飯田、11月11日に明科塔ノ原、、11月24日に穂高牧の「ふるさとさんぽ」3コース、11月3日に堀金角蔵山の「さとやまさんぽ」1コースで開催します。

各コースとも定員15名で、安曇野の自然、歴史、文化を学びながらガイドと一緒に散策します。参加費は1000円で、公式サイトにてマップのダウンロードと参加申込が可能です。
歴史文化薫る秋の安曇野を一緒に歩いてみませんか?

 
20150725_094216 20150725_084951

有明山神社

ふるさとウォッチングで訪れた有明山神社。御神体は信濃富士とも呼ばれる有明山で、本殿はなく山頂の中岳と南岳に奥宮があります。毎年7月には奥社祭が行われ、旧有明村の氏子が麓の表参道から片道5時間かけて奥社へ参拝登山しています。20年ほど前に1度参加しましたが、標高差以上に険しい登山で、身が清められた気がしました。

日光東照宮の陽明門を模したと言われる裕明門は立川流の清水虎吉、手水舎は飛騨の棟梁山口権之正で、裕明門には十二支、手水舎には龍の見事な彫刻があります。また、神楽殿には31人の日本画家が81枚に描いた天井画もあり、安曇野の隠れた宝です。

近くには八面大王伝説の魏石鬼の岩屋もあり、歴史とロマンを感じるお気に入りの場所です。山頂の奥宮には、中房温泉からの裏参道から登山することもできます。

http://azumino.cocolog-nifty.com/index/2017/10/post-0236.html

20181008_104136 20181008_103918 20181008_095846 20181008_092127 20181008_090835 20150826_113140

第27回ふるさとウォッチング

NPO法人安曇野ふるさとづくり応援団主催の安曇野の原風景を巡る「ふるさとウォッチング」。27回目は有明山麓に位置する八面大王伝説の里、穂高宮城地区。 有明山神社を起点に魏石鬼窟、正福寺、宮城第一発電所、中房川などを訪ね歩き、散策後には”ぬかくど”で炊いたおむすびを味わって参加者同の交流を深めます。

参加費は1000円で、公式サイトにて10月5日迄申込み受付中です。安曇野の自然、歴史、文化を学びながら、秋の安曇野を一緒に散策してみませんか?

http://azumino-furusato.com/

20150826_091409 20150826_112316 20150826_113140 20150826_100122


穂高神社御船祭り

穂高神社の例大祭「御船祭」。今年も9月26日に宵祭り、27日に本祭りが行なわれます。穂高神社は北九州に本拠があった海洋民族の安曇族が起源とされ、穂高人形が飾られた御船が穂高の各地区から穂高神社へ曳航されます。穂高神社では、2016年5月の小遷宮に合わせて神楽殿や手水舎が新調されました。クライマックスではその神楽殿の前で2台の大人船が激しくぶつかりあいます。

穂高神社北神苑にある御船会館では、常時御船が展示されています。サイトの割引クーポンを利用すると入館料300円が100円となりますので、こちらもお見逃しなく・・・。

http://www.hotakajinja.com/ofunekaikan.html

20150823_061537 20150823_061850 20150823_062511 20140927_062020

吉祥山東光寺

本陣等々力家の斜向いにある吉祥山東光寺。前身は東龍寺と呼ばれ、等々力家が開山したと言われています。薬師如来像は室町時代の木彫立像で、安曇野市の有形文化財です。正面の楼門内の仁王像のモデルは元横綱北の湖とされ、門前にある仁王様の朱塗りの大下駄を履くと願いが叶うとされています。

長野の善光寺のように境内には回向柱が立ち、本堂下は戒壇巡りができるようになっていてます。境内はこじんまりとしていますが、朱塗りの下駄と百日紅の大木、彩色された子連れ道祖神が境内に彩りを添え、遊び心のある親しみやすいお寺です。場所も穂高駅と大王わさび農場の中間で、周辺はわさび田や道祖神も点在しています。穂高駅から大王わさび農場まで、初秋の安曇野をのんびり歩いてみませんか?

http://azuminolocation.com/location/tokoji

20150830_093502 20150830_093752 20150830_094724 20150830_094450